プライベートジェット事業参入

この度弊社ではビジネスジェットチャーター会社のマーケティングPR活動を通じて航空業界に参入し、協業する運びとなりました。会社名は「マイクロジェット株式会社」

航空大学校卒業生4名で設立したビジネスジェットチャーター会社が2023 年 10 月 10 日より事業スタートしました。欧米との市場格差の大きいビジネスジェット事業に焦点を当て、2021 年より準備を進めてまいりました。

同社会長の西久保愼一(元スカイマークエアラインズ社長)より資金提供および経営指導を受け、2023 年10 月10 日、航空運送事業の認可を受けるに至りました。ビジネスジェット専門の航空会社として新たな市場を開拓すべく励んでまいります。

【事業内容】

使用機材:セスナ社 サイテーション C510 Mustang(乗客4名)飛行範囲:日本国内    操縦士数:7名 整備士数:2名

世界で最も小さなジェット機 C510 ムスタングを使うことで低コストを実現し、ご利用いただきやすい料金を提供しております。ビジネスジェットが最もその価値を活気するのは法人利用です。時間を気にせず目的地に一直線で移動できることは出張の概念を大きく変えます。新たな移動手段によって新たなビジネススタイルを実現することになるでしょう。

【2024年事業計画】

マイクロジェット株式会社は昨年10月に航空運送事業の認可を取得し事業を開始しました。早くも多くのお客様から問い合わせをいただき有償フライトを実施しております。そして2024年は2つの事業目標があります。

1つは2機目のジェット機(Cessna C-510 Mustang)の導入です。これは現在すでに交渉を進めており4月までに事業機として運用する予定です。

もう1つは海外への運航です。                           今は国内だけの運航ですが、海外のビジネス客の要望に応えるべく近隣の国々への運航は必要と考えております。中国、台湾、韓国への運航が年内に実現するよう努力したいと思います。